✶\使わなくなったカメラ捨てちゃうなんてもったいない/✶
2019年06月06日

✶\使わなくなったカメラ捨てちゃうなんてもったいない/✶
カメラはプロ仕様の高額な商品から、スマホのように持ち運びしやすいコンパクトデジカメまで、本当にいろいろな種類が発売されていますよね。

今や一家に一台はあると言えるカメラですが、中には古くなったものを買い替えたい、使わないレンズを手放したいと、中古買取を考えている人も多いのではないでしょうか?

せっかくカメラを手放すのなら、1円でも高く買い取ってほしいですよね。

ここでは、売れるカメラの種類、査定のポイント、人気のカメラから高価買取のコツまでをご紹介します。

1.売れるカメラの種類は?どんなタイプが多く買い取られているの?

カメラは大まかにわけていくと、主に次の3つのタイプに分けられます。

・コンパクトデジタルカメラ…片手サイズで携帯性に優れている。
・ミラーレス一眼カメラ…一眼レフに近い高画質で撮影できるアマチュア向けカメラ
・デジタル一眼レフカメラ…プロも使える超高画質カメラ。レンズも豊富。

このように、家庭用のコンパクトデジタルカメラ(通称コンデジ)、コンデジの携帯性の良さ、一眼レフの画質の良さが合わさったミラーレス、そしてプロ仕様の一眼レフカメラがあります。

3つの中でもっとも高値がつくのは一眼レフ。

レンズだけでも数万から数十万のモデルがあり、カメラのセットで数十万から数百万の費用を投資している人も少なくありません。

もっとも普及しているコンデジは、やはり中古でも買取が多いアイテム。

定価が2~3万と手頃な価格のため、買取値も数千円程度ですが、需要も高い分買い取ってもらいやすい商品です。

一方、デジタル一眼レフはプロ仕様のものになれば、100万円を超えるような高価なシリーズが多くあります。

そのため、お店選びに失敗をすると、同じ商品でも数万円レベルで買取値が変わる恐れがあるので注意しましょう。

2.カメラの査定ポイントは?


■メーカー
カメラはメーカーによって買取値が左右されます。
定番のカメラメーカーである、ニコンやキャノン、オリンパスといった名の知られている商品は高価買取が期待できますよ。
反対に、あまり有名でないカメラ、海外製品など、需要が少ないものは買取値もダウンしやすいです。


■付属品の有無
カメラは付属品がとても多いアイテムです。
充電用コードを始め、各レンズ、充電器は、そろっていないと買取値が大きく下がる原因に。
ほかにも外箱、説明書などが残っていれば、その分中古品としての価値が上がりそれなりの値をつけてもらいやすくなります。
ぜひ査定の前に付属品をそろえておきましょう。


■キズや汚れなどが目立たないカメラ
カメラは手で持って使用するアイテムなので、使えば使うほど劣化しやすいです。
特にグリップの樹脂部分のベタつき、レンズのキズや曇りは査定額が大きく下がる要因です。
普段から汚れがつかないようしっかりと管理し、定期的にメンテナンスをしましょう。
また、長期間閉まっていたカメラを手放す場合も、必ず中をチェックして目立つ汚れや凹みがないかチェックしておきたいですね。

動作に問題があるものやフィルムカメラでも当店は買取り致します(*^^*)

3.高く買い取ってもらえる人気のカメラをご紹介!
ニコン(Nikon)

カメラの2大ブランドの一つ、ニコンはプロ仕様の一眼レフカメラが特に人気です。

もともとニコンは軍用光学兵器のメーカーだった歴史から、機械の精密性、耐久性が非常に高く、壊れづらいと大人気。

その丈夫さからなんとNASAの公式カメラにも採用されているレベルです。

色はそのままを再現する自然な風合いが魅力で、景色はくっきりはっきりした写真に仕上がります。

長年使い込めるカメラが欲しい方、現実的な色合いの写真を撮りたい方に人気です。



キャノン(Canon)

ニコンと並ぶ2大カメラメーカーのキャノン。

業務用のカメラを長年作り続けてきて、デジタル一眼カメラ業界のシェアナンバーワンを走り続けています。

映画やテレビなどの芸能関係で多く使われていて、人物をより美しく魅力的に映す技術が支持されています。

写真は現実の色よりも、美しく見せるために多少変化するので、素人でもまるでプロのような仕上がりに。

人物写真を本格的に撮影したい人、一眼レフ初心者でもおしゃれな写真を撮りたい人におすすめのメーカーです。



ソニー(SONY)

ソニーのカメラと言えば、レンズ交換ができる小型の一眼カメラ「NEXシリーズ」が人気。

手ブレ防止機能など、ほかのメーカーよりも初心者向きの機能が搭載されていて、パパママ向けの高画質カメラが多くラインナップされています。

ほかにもαシリーズは、風景などの静物を撮影するのに適していて、サイズが大きい画像も鮮明にぼやけず、高画質に映し出せるのが特徴。

キャノンやニコンとくらべて、ユーザーが少ない分買取値は下がりやすいですが、一部のマニアに人気で高値での買取も十分に期待できますよ。

5.カメラを高価買取してもらうには?


【きれいに掃除をする】
カメラのレンズについたホコリ、グリップ部分の指紋などをしっかり落としておきましょう。
カメラは見た目の状態がきれいなものほど、高値で買い取ってもらいやすいです。
特にレンズは繊細な部分なので傷をつけないよう、専用のブラシを使ってていねいに掃除をしましょう。
またカメラケース、付属のストラップもよく手で触れる場所ですが、本体と違って汚れを見落としやすい場所。
こうした付属品も軽く布でふき取るなど、しっかり掃除をした状態で査定してもらいましょう。


【できるだけ早く売る】
カメラは1~3年単位で新しいモデルが登場しています。
シリーズの新作が発売されると、前モデルは買取値が大きく下がってしまうので、カメラは使わないと思ったときが一番の売り時。
1日でも早く査定してもらうことで、その分買取値が下がるのを防ぐことができますよ。


6.まとめ
カメラは常に需要があるアイテムです。
特に高価な一眼レフカメラなら、10万円以上の高価買取になることも珍しくありません。
購入したのは良いものの、あまり使っていないカメラがある人は、ぜひ新しいモデルが登場する前に査定してもらいましょう。